意外と知らない?結婚式の常識と非常識

結婚指輪は男性が買う?指輪を購入する際の常識

結婚指輪は、結婚する夫婦がお互いに交換し左手の薬指に付けるものです。昔は男性が2人の分を買うのが多かったですが、特にどちらが買うという決まりはありません。共働きが多くなってからは、婚約指輪は男性が買い、結婚指輪は贈り合う例が増えてきました。男性が2人分の結婚指輪を買った場合は女性からは物でお返しをします。お返しは、スーツや時計などが良いでしょう。新婚旅行の負担率で調整する方法もあります。 また、経済的理由や事実婚などで、妻の分だけ結婚指輪を買う例もありますが、決して非常識というわけではありません。お互いに納得のいく上であれば問題はないでしょう。 結婚指輪を購入する際に気を付けたいのは、注文してから仕上がるまでの期間を挙式までに合わせることです。1ヶ月は見ておかなければいけません。早めに指輪を決めてから式場の段取りを行うようにしましょう。

挙式スタイル選びはふたりでの共同作業

指輪を買い式場も決めると、次は挙式スタイルを考えたりweddingドレス選びをしたりなどの段取りをします。挙式スタイルは、こんな結婚式にしたいというイメージを固めて、ブライダルノートにまとめていきます。2人で決めていきますが、家庭によっては両家の顔合わせを行い家族も交えて話し合う人もいます。決して結婚式の段取りを2人のうちのどちらかに任せっきりにならないようにしましょう。まずは、ふたりで話し合い、双方の両親にも相談するのが理想です。挙式は宗派などによって異なるので、両家に合った式場やスタイルを選び、来てもらえる親族や仕事関係の人、友人にも喜んでもらえるような結婚式にしましょう。挙式での指輪の購入は、特に一生の思い出になります。